粉瘤治療「皮膚科・形成外科」

スポンサードリンク

粉瘤ふんりゅう・アテローム)の疑いのある症状が現れた場合、何科の病院に行けば良いのか戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、通常、粉瘤ふんりゅう・アテローム)の治療は皮膚科もしくは形成外科で行うのが一般的です。
また、粉瘤(ふんりゅう・アテローム)と判断できない腫瘍(おでき・できもの)ができた場合は、ひとまず皮膚科を受診してみましょう。
手術によって粉瘤(ふんりゅう・アテローム)を摘出しなければならない場合、形成外科では間違いなく手術の設備が整っていますが、皮膚科でも手術の設備が整っている病院も多くあるため、粉瘤手術が受けられます。
粉瘤は皮膚科形成外科でよく見られるごく一般的な良性の皮膚腫瘍のひとつで、特別めずらしい皮膚腫瘍ではないため、はじめて粉瘤治療を受けられる方でもまったく心配ありません。
炎症のある時は袋をきれいに取り出すことが困難なため薬を投与し、炎症が治まってから袋ごと摘出します。嚢胞(軟組織内に病的に形成された液状成分を持ち、液状成分周囲を固有の単層上皮に覆われている球状の嚢状物)をきれいに取らないと再発するので、完全に摘出することが最も重要です。
また、粉瘤(ふんりゅう・アテローム)が非常に小さく、気にならない場合は放置していても問題はありませんが、もしも顔などに発症した場合、傷跡が大きくならないように粉瘤(ふんりゅう・アテローム)が小さいうちに専門医の診察を受け、手術を受けるたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

【粉瘤(ふんりゅう)の治療法】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【粉瘤(ふんりゅう)治療事典】のサイトトップに戻る▲

粉瘤(ふんりゅう)基礎知識
粉瘤(ふんりゅう)とは 粉瘤(ふんりゅう)の症状 粉瘤(ふんりゅう)の種類 粉瘤(ふんりゅう)の原因
粉瘤(ふんりゅう)の治療法
粉瘤治療「皮膚科・形成外科」 粉瘤摘出手術とは
粉瘤治療手術体験記
粉瘤(アテローム)の発症 粉瘤手術を受ける 粉瘤手術後の傷跡(粉瘤画像)
粉瘤(アテローマ)Q&A
何科の病院に行けばいいの? 子供にも粉瘤はできるの?
粉瘤治療事典リンク集
皮膚病関連サイトリンク集1 健康関連サイトリンク集1 おすすめサイトリンク集1
粉瘤治療事典について
当サイトご利用の注意 相互リンクお問い合わせ
 

粉瘤(ふんりゅう)治療事典サイトマップ