粉瘤(ふんりゅう)の原因

スポンサードリンク

粉瘤ふんりゅう・アテローム)の原因はいまだ明らかになっていませんが、現時点で推測される粉瘤ふんりゅう・アテローム)の原因は以下のとおりです。
「皮膚への刺激のよる皮脂腺の異常」
「ストレスによる免疫力の低下」
「外傷などによって皮膚内部に表皮細胞(皮膚の表面の細胞)が入り込むために定着する(外傷性粉瘤という)」
「生まれつき嚢胞(のうほう)※1 を持っている」
「ニキビ跡やピアスの跡に発症」など

粉瘤(ふんりゅう・アテローム)の発症のメカニズムは、新陳代謝によって外皮から剥がれ落ちた表皮細胞が真皮層(皮膚の深い部分)に入り込み、袋状の壁が成形され、その袋の中に本来は垢として排出される老廃物が蓄積されておできのようなシコリとなります。
袋の中に蓄積された老廃物のはドロドロとした粥のような状態で、無理に押しつぶしたりすると中央の黒っぽい開口部から体外に放出されることもあり、内容物は独特の不快な臭いがあります。大きな粉瘤(ふんりゅう・アテローム)になると体外へ放出される内容物の量も多く、驚かれるもしれません。
また、粉瘤(ふんりゅう・アテローム)はニキビ性(脂性)の人や大人の男性に発症しやすいとも言われているようです。
もしも思い当たる点がある場合は、念のため皮膚科や外科など専門医の診察を受けてみましょう。

※1: 嚢胞(のうほう)とは、軟組織内に病的に形成された液状成分を持ち、液状成分周囲を固有の単層上皮に覆われている球状の嚢状物を指す(これが内容物が固体だと嚢腫と言う)。大部分において害は無く放置しても大丈夫とされるが、面積が大きなものや周囲の臓器との癒着を伴うもの等は手術による摘出を必要とする。また癌に変化するものもあるとされ、注意が必要である。類皮嚢胞・ 歯周嚢胞・歯根嚢胞・石灰化歯原性嚢胞・鰓嚢胞などがある。(出典Wikipedia)


スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【粉瘤(ふんりゅう)治療事典】のサイトトップに戻る▲

粉瘤(ふんりゅう)基礎知識
粉瘤(ふんりゅう)とは 粉瘤(ふんりゅう)の症状 粉瘤(ふんりゅう)の種類 粉瘤(ふんりゅう)の原因
粉瘤(ふんりゅう)の治療法
粉瘤治療「皮膚科・形成外科」 粉瘤摘出手術とは
粉瘤治療手術体験記
粉瘤(アテローム)の発症 粉瘤手術を受ける 粉瘤手術後の傷跡(粉瘤画像)
粉瘤(アテローマ)Q&A
何科の病院に行けばいいの? 子供にも粉瘤はできるの?
粉瘤治療事典リンク集
皮膚病関連サイトリンク集1 健康関連サイトリンク集1 おすすめサイトリンク集1
粉瘤治療事典について
当サイトご利用の注意 相互リンクお問い合わせ
 

粉瘤(ふんりゅう)治療事典サイトマップ