粉瘤(ふんりゅう)とは

スポンサードリンク

まずはじめに粉瘤ふんりゅう)とは何か説明いたします。
粉瘤ふんりゅう)とは、皮下にできる良性腫瘍(できもの・おでき)の一種で、アテロームまたはアテローマとも呼ばれます。
粉瘤ふんりゅう)という名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、特別めずらしい腫瘍(できもの)ではなく、誰でも一度くらいは発症すると言ってもいい程一般的な皮膚にできる腫瘍で、癌のような悪性のものではありません。(粉瘤画像はこちら
私も最近まで粉瘤アテロームアテローマ)というものはまったく知らず、数年前に以前からあった背中にシコリが気になって医師の診察を受けたときにはじめてその名を聞きました。
粉瘤ふんりゅう)は一般的に「脂肪の塊」と言われているそうですが、実は脂肪の塊ではなく、外皮から剥がれ落ちた垢などの老廃物の塊で、皮膚の下にできた袋状のものにその老廃物が溜まったものです。(下の粉瘤構造図参照)

粉瘤構造図

粉瘤ふんりゅう)は、身体のどの部分にもできる可能性がありますが、特に顔や首、背中や耳のうしろなどに多くみられる傾向があるようです。
粉瘤の主な症状は、皮膚表面に直径数mm〜数cmのコブのようなしこりができます。通常は痛みはありませんが、細菌感染を起こすと大きくなって赤く腫れ上がり、痛みを伴います。皮膚の下にできた袋の中に溜まっていた粥状ものが放出されると特有の臭いを放ちます。
また、小さな粉瘤は自然に消滅してしまうこともあるようです。
粉瘤ふんりゅう)を完全に治療するには、皮膚の下にできた袋自体を手術で切除する必要があり、袋を切除しないと再発することがあります。
もしも、粉瘤ふんりゅう)を長い間放置してしまうとコブシくらいの大きさになることもあり、切除後の傷跡が大きくなってしまいますので、治療は腫瘍(できもの)が小さいうちに受けたほうがいいようです。
もしも耳や顔、背中などの皮膚にしこりができたときは迷わず皮膚科や形成外科などの専門医の診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

ページのトップに戻る▲

【粉瘤(ふんりゅう)治療事典】のサイトトップに戻る▲

粉瘤(ふんりゅう)基礎知識
粉瘤(ふんりゅう)とは 粉瘤(ふんりゅう)の症状 粉瘤(ふんりゅう)の種類 粉瘤(ふんりゅう)の原因
粉瘤(ふんりゅう)の治療法
粉瘤治療「皮膚科・形成外科」 粉瘤摘出手術とは
粉瘤治療手術体験記
粉瘤(アテローム)の発症 粉瘤手術を受ける 粉瘤手術後の傷跡(粉瘤画像)
粉瘤(アテローマ)Q&A
何科の病院に行けばいいの? 子供にも粉瘤はできるの?
粉瘤治療事典リンク集
皮膚病関連サイトリンク集1 健康関連サイトリンク集1 おすすめサイトリンク集1
粉瘤治療事典について
当サイトご利用の注意 相互リンクお問い合わせ
 

粉瘤(ふんりゅう)治療事典サイトマップ